2010年05月28日

移設の可能性「ゼロに近い」=名護市長(時事通信)

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は23日午後の鳩山由紀夫首相との会談で、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古周辺に移設する政府方針について「(受け入れを拒否する)民意が高まっている状況からすると、実現可能性はゼロに近い」と伝えた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜シュワブ沿岸部移設で日米大筋合意〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

劇場効果もそろそろ限界? 来場者も低調に 事業仕分け第2弾(産経新聞)
社民地方組織の半数「連立に残留すべきだ」(読売新聞)
皇后さまが繭をご収穫(産経新聞)
処方箋捏造、薬を入手 堕胎容疑医師 妊娠知った翌日(産経新聞)
丸川氏の「この愚か者めが」Tシャツ試作品完成(スポーツ報知)
posted by オオバヤシ ヨシヒロ at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。